2019年末からバイエルン・ミュンヘンの監督を務めていたハンジ・フリック氏。

当初は暫定監督だったが、正式に指揮官に昇格するとチームをUEFAチャンピオンズリーグ制覇に導いた。

そのフリック監督は今季限りでバイエルンを退任することが決定。トーマス・ミュラーは『Sky』のインタビューでこう述べていた。

トーマス・ミュラー(バイエルンFW)

「彼は僕らに理由を教えてくれなかった。

当然ながら、この1年半で彼はものすごいエネルギーを消耗したよ。

バイエルンで監督を務めるには、神経がずぶとくなければいけない。

たくさんの質問を浴びるし、常にチームの前に立たなければいけない。大変な時期だった。

でも、彼は(退任が)正当だという説明をしてくれなかった。正当だと説明をする必要もないけどね」

選手たちに退任の理由説明はなかったというものの、ミュラーはその必要はないとも述べていたという。

【動画】クレイジー!変人ミュラー、バイエルンでやったカート事件

フリック監督はバイエルンでの81試合で67勝7分7敗という戦績を残している。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら