現在、イングランド代表で正GKとして起用されているバーンリーGKニック・ポープ。

28歳の彼は8部リーグからプレミアリーグにまで這い上がった選手としても知られている。

『BBC』によれば、そのポープは古巣のゴールマウスを買ったそう。

彼は2013-14シーズンにプレーしたヨーク・シティで24試合で16回ものクリーンシートを達成した(当時は4部リーグ)。そのヨーク・シティは89年ぶりに本拠地を移転。ポープは旧本拠地で使われていたゴールをブラインドオークションで手に入れたとのこと。

ただ、どうやって自宅に運ぶのかはまだ決まっていないそう。

ニック・ポープ(バーンリーGK)

「まだ輸送していないんだ、話し合っている。

入札に成功したら考えようと思っていたけれど、どうやるかはまだ分からない。

偶然にも我が家の庭をリノベーションしたので入札したんだ。いいスペースがあると思ってね。

自分が入札に勝てば、クラブを助けるいいことになると思った。もし、誰かが僕以上の額を出したなら、クラブにとってより大きなお金になるしね。

(古巣のことを)今でもSNSでチェックしているよ、結果を注視している。

僕のキャリアにとって重要なものだったので、彼らに注目し続けるのはいいことさ」

ポープは幼い頃はストライカーになりたかったそうで、庭にゴールを運び込んだ際にはGKとしてではなくFWとしてプレーするつもりだそう。

【動画】相手を絶望させるプレミア屈指の守護神ポープの神セーブ

「どのGKも幼いころはフィールドプレイヤーになるのを夢見ていた。だから、誰かをゴールに立たせて、僕がシュートを打つ。GKが自宅の庭にゴールを持っているのは珍しいはずさ。あまりに多くの友達がやってきて、庭をボロボロにされたくないので、(入る人間を)選ぶことになるだろうね」とも話している。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら