近年、世界最高のセンターバックに君臨してきたレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモス。

敵味方として彼と対決した経験を持つ元スペイン代表FWアリツ・アドゥリスの発言が話題になっている。

『COPE』によれば、最も嫌だったDFについて聞かれるとこんな秘話を明かしたそう。

アリツ・アドゥリス

「何度も言ってきたが、ラモスとの対戦は悪夢だった。

ラモス&ペペのコンビはとても難しかったね。

セルヒオには何度も言ったよ、きついぞってね」

「これまで一度も明かしたことがないことがある。

自分はベルナベウで退場になったことがあるんだ、ディアラへのエルボーでね。ひどい汚いエルボーだった。

誇りに思えないものだったが、本当はセルヒオに食らわすつもりだった。ジャンプの時に間違えてしまったんだ(笑)。

セルヒオには愛憎がある、タフな試合だったね」

アドゥリスが退場になったのは、2006年に行われたレアル対アスレティック・ビルバオ戦。

セルヒオ・ラモスに肘打ちするつもりが、ママドゥ・ディアラにエルボーを食らわせてしまったとか。なお、試合は2-1でレアルが勝利している。

【動画】退場王ラモス、若手にキレたブチ切れシーン

そのアドゥリスはアーリン・ホーランかキリアン・エムバペのどっちがいいかの質問については、「どちらも素晴らしい。自分がレアルの会長ならホーランと契約する。バルサならエムバペだ」と答えていたそう。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら