先週末に行われたトッテナム・ホットスパー対マンチェスター・ユナイテッドの試合は1-3で終了した。

その中で最も話題になったのは、前半33分のシーン。エディンソン・カバーニがシュートを決めたものの、その直前にスコット・マクトミネイの手がソン・フンミンの顔にあたっており、それがVARでファウルだったと判定されたところだ。

それほど強くあたっていなかったにもかかわらず、ソン・フンミンが顔を抑えて長時間倒れる仕草を見せたことから、それが賛否両論を呼んだ。

試合後には両監督がこのようにコメント合戦となり、ファンの間でも議論がヒートアップした。

オレ・グンナー・スールシャール

「もし息子がこのように3分間も倒れて、10人もの仲間が彼を助け起こすようなことになったら、私は食べ物も与えないだろうね」
ジョゼ・モウリーニョ

「ソンの父親がスールシャールよりも優れているのは幸運だ。親ならば常に子供を養わなければならないからね。子供のために盗みをしなければならないのなら、それをするものだ」

それを受けて、ノルウェーのクリスティアンスンBKでプレーしているスールシャール監督の息子ノアは『Tidens Krav』に対して以下のように話し、一応食事は与えられていたと答えたそうだ。

ノア・スールシャール

「日曜日には大いに笑ったよ!僕はいつも食べ物を与えられていたよ。それは保証できるさ。

チームメイトのマックス・ウィリアムセンが、『食べ物はもらえていたのかい?』と今朝の練習前に言ってきたよ(笑)

僕はソン・フンミンがやったようにピッチで寝転んだことはないよ。モウリーニョ監督も、おそらく負けた事実から焦点を外したかっただけだろう」

【写真】「ソン・フンミンの倒れ方はありえん…馬鹿げてる」 元代表FWが痛烈批判

父親のオレ・グンナーがそうコメントしたことでチームメイトからは少しいじられてしまっていたようだ。

なおノア・スールシャールは2000年生まれの21歳。父親に似てベビーフェイスであり、選手としてはマイケル・キャリックに似たタイプのプレーメーカーであるそうだ。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら