突如、バルセロナ移籍の噂が浮上したドルトムントFWアーリン・ホーラン。

彼の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が『SPORT1』の独占インタビューで現状について語った。ドルトムント幹部との話し合いを行ったことを認めつつ、こう述べたという。

ミーノ・ライオラ(ホーラン代理人)

「話し合いのためにドルトムントにいたことを認める。

スポーツディレクターであるミヒャエル・ツォルクは、ドルトムントは今夏にアーリンを売却したくないという意思を明確にした。

その意見は尊重するが、それに私が自動的に同意するということではない。

ドルトムントの意見はとても明確だった。それについては問題ない」

「我々とドルトムントの間に戦争はない。絶対にない!

ツォルク、Aki(ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO)、セバスティアン・ケールとの関係はいまだに良好だ」

「私についての馬鹿げた記事が山ほどある。だが、気にしない。

メディアで話し合いや交渉を語ることは決してしない。私が話すのは、自分の選手、彼らの家族、クラブだけだ」

【動画】“ハーランド”表記はありえない!怪物ホーラン本人が教える名前発音

ドルトムントとは良好な関係にあり、来季もホーランを保持したいというチームの意向は理解したというライオラ。そのうえで、その意見に自分が自動的に同意したわけでもないと口にしていたそう。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら