ラ・リーガ第30節、レアル・マドリーとのエル・クラシコに2-1で敗れたバルセロナ。宿敵に相手に43年ぶりに3連敗を喫してしまった。

ロナルト・クーマン監督らはPKをとらなかった主審の判定に対する不満を漏らしている。

ただ、『Què T'hi Jugues』によれば、クラブはその考えに賛同していないという。

バルサ関係者によると、クラブはクーマン監督の見立てに同意しておらず、敗戦の責任が審判にあるとは考えていないとか。

海外のファンたちは「審判は決して問題ではなかった。前半のパフォーマンスが問題だった。クラブもそう見ているのはいいこと」などと反応していた。

【動画】これは超レア!メッシがクラシコ中に着替えた珍シーン

これで2位レアル、3位バルサと順位が入れ替わったが、首位アトレティコ・マドリーを含めて各チームの勝点差はわずか1しかない。

レアルはCLリヴァプール戦を挟んでヘタフェ戦、バルサもアスレティック・ビルバオとのコパ・デル・レイを挟んでヘタフェと対戦する。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら