ラ・リーガ第30節、宿敵レアル・マドリーとのエル・クラシコに2-1で敗れたバルセロナ。

バルサ側はPKをとらなかったとヘスス・ヒル・マンサーノ主審の判定に不満を唱えている。

リオネル・メッシも自身ワーストとなるクラシコ7試合連続ノーゴールと不発に終わった。

『BeSoccer』によれば、そのメッシは主審に対して、「敬意を持って話してくれ」と苦言を呈していたという。

ただ、主審からは「ルールを知らないなら、後で教えるけど」と言い返されてしまったとか。

【動画】ズブ濡れ…メッシ、クラシコ中にあったまさかの着替えシーン

なお、首位アトレティコ・マドリーは直近のベティス戦に引き分けたため、もしバルサはクラシコに勝っていれば、逆転で首位に立っていたはずだった。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら