先日、韓国戦で日本代表にデビューするといきなり初ゴールまで決めた山根視来。

昨季川崎フロンターレに加入すると、大きく飛躍した27歳のサイドバックだ。

その山根と昨季プレーした中村憲剛がDAZNで配信されている内田篤人の『FOOTBALL TIME』にゲスト出演。

Jで圧倒的な強さを見せている川崎では、パス交換の練習にも徹底的にこだわっているという。その流れで、山根についてこんな話もしていた。

中村憲剛

「狭いスペースでポジショニングをとらなければいけない、そこでしっかりと止めないといけない。

(ボールを足元に)止めるまでの時間が長ければ長いほど、ボールを失う確率は高くなるから。

ボールを1回で止めることで、顔が上がる、顔が上がる時間が長いとモノを見る時間が増える。要はボールを獲りにこようと迫ってくる相手も見れる。

ピタッと止まったら、相手がどうしようとしてくるかを見れる。動き出す敵も味方も見れる、スペースも見れる。

一番遠くが見れていると、近く(の距離に)に選択肢を落としてくることが可能。しっかり止めれるから、それが合図になって(味方が)走れる。

ただ何気なくパス交換を5分やるのと、1本1本、本当に自分がしっかり止めれているのか、味方の足に止まりやすいボールを回転とか軌道で出せているか、っていうのにこだわる5分は雲泥の差だと思う」

「例えば、山根視来選手が去年来て、最初はレベルが高くてびっくりしたって本人も言っていた。

ただ、1年経って慣れてきて、去年Jリーグでもすごい活躍して、日本代表まで入って。

彼もすごい変わったのは、ボールを止めれて、顔が上がるようになった。

ボールを(止めて)、どこから相手がくるのかがしっかり分かっているから、ほとんどとられなくなった。

質を追求することで巧くなっていく」

トラップの技術が向上し、その後のプレーに余裕が出てきたことが好パフォーマンスにつながっているという。

【動画】板倉滉ってこんなに巧いのか!川崎の「止めて蹴る」が普通にスゴすぎる

ルックアップできれば相手の動きも分かるというのは理論的には当然の話だが、そこを徹底的に突きつめているのが川崎の凄さだろうか。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】