8日に行われたCONCACAFチャンピオンズリーグ・ベスト16の1stレグ、デポルティーボ・サプリサ(コスタリカ)対フィラデルフィア・ユニオン(アメリカ)の試合で、大きな揉め事があった。

34分にフィラデルフィアのカツペル・ブシビウコが先制点を奪取し、0-1で迎えた後半アディショナルタイムだった。

自陣ペナルティエリアの端でクリアしたDFカイ・ワグナーに対し、サプリサのDFリカルド・ブランコが殺人タックルを敢行!

このプレーに対して主審がすかさずイエローカードを出すも、両チームの選手たちが総出で揉み合いに…。

【動画】大乱闘の横で、怪我をして倒れた選手が孤独に痛がるシュールさ。

ヒートアップする両チームの選手たち!痛がっているカイ・ワグナーが完全にほったらかされているほどだ。

結局この試合は0-1のままで終了。フィラデルフィアが貴重なアウェイゴールを奪い、14日に行われる2ndレグに臨むことになった。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら