39歳にしてスウェーデン代表に復帰したズラタン・イブラヒモヴィッチ。

彼は狩猟も趣味にしているが、10年前のライオン狩りが母国で話題になっているようだ。

地元紙『Expressen』によれば、イブラヒモヴィッチは2011年に南アフリカでライオンを殺し、その皮や頭蓋骨、顎骨などをマルメにある自宅に持ち帰ったという。

イブラが殺したライオンは1年間ほど檻に入れられた後、観光客の餌食になるために解き放たれたというが、そのような狩猟は禁止されていないそう。

狩猟や釣りなどを趣味とするイブラは、そのために母国にある1000ヘクタールほどの森を購入したことも話題になった。

また、マンチェスター・ユナイテッド時代の同僚ネマニャ・マティッチは「ズラタンは狩猟が大好き。『セルビアにはオオカミがいるらしいな。送ってくれ』と言われたこともある」と語っており、マケドニアでの狩りを手配したこともあるそう。

【動画】ひえぇ…猛獣ライオンと素手で触れ合える動物園がヤバすぎる

イブラは背中に大きなライオンのタトゥーを彫っているほか、ミラノデルビーの際にもライオンの画像をSNSに投稿するなどしている。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら