バルセロナ移籍説が浮上しているノルウェー代表FWアーリン・ホーラン。

ドルトムントとの契約は2024年まであるが、近いうちに移籍するとの噂が絶えない。

『Sky』によれば、CEOのハンス=ヨアヒム・ヴァツケ氏はDAZNのインタビューでこう述べたという。

ハンス=ヨアヒム・ヴァツケ(ドルトムントCEO)

「我々に平行したプランはない。

我々はアーリン、彼の父、代理人であるミーノ・ライオラと話し合う、平穏にね。

彼には我々のもとにいて欲しいし、BVBのためにゴールを決めてほしい。代替案はない」

UEFAチャンピオンズリーグの準々決勝に進出しているドルトムントだがブンデスリーガでは5位。

4位フランクフルトとの勝点差は7ポイントあり、来季のCL出場権を得られない可能性もある。

【動画】シュート巧すぎ!怪物ホーランの鬼ゴールまとめ

それでも、ヴァツケ氏は来季の残留に自信を持っているようだ。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら