ユヴェントスに所属している3名の選手が、イタリアで禁止されている家庭でのパーティを開いたことで警察に摘発されたそうだ。

『AP』によれば、摘発の対象となったユヴェントスの選手はウェストン・マクケニー、パウロ・ディバラ、そしてアルトゥールの3名であるとのこと。

彼らは水曜日、マクケニーの家に友人20名ほどを集めてパーティを行っていたという。

しかしイタリアでは新型コロナウイルスの感染拡大による影響で家族以外とのパーティは禁止されており、また午後10時~午前5時には夜間外出禁止令も出されている。

近所の住人から「騒音がうるさい」と報告を受けた警察が午後11時半頃にマクケニーの家を訪れ、その1時間後に敷地へ入り彼らを摘発したとのこと。

これによってマクケニー、ディバラ、アルトゥールの3名は警察から罰金を課せられることになったそう。

『La Stampa』によれば、ユヴェントスはこの3選手の軽率な行動に激怒しているとも。

土曜日にユヴェントスはトリノとのダービーマッチを控えているが、この3選手には自主的に出場停止を課す可能性もあるという。

【写真】ユヴェントスで「奇妙な背番号」を背負った7人のスター

なお、パウロ・ディバラは自身のInstagramで「それはパーティではなかったが、夕食で出かけるのは間違っていた」と謝罪しているとのこと。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら