3月末に行われたインターナショナルマッチウィークに予定されていたワールドカップ・アジア二次予選、日本代表対ミャンマー代表の試合は政情不安のために延期されていた。

その代わりに行われた韓国代表との親善試合は3-0と勝利。30日のモンゴル戦前にいい形の白星を手にしていた。

【動画】日本代表、宿敵韓国を相手に3-0と圧勝

そして今回アジアサッカー連盟が伝えたところによれば、日本代表とミャンマー代表の試合は2021年5月28日に行われることが決まったという。

5月28日はFIFAが設定した国際Aマッチデーではなく、Jリーグは5月29日に試合が予定されている。そのためメンバー選考にはさまざまなハードルがありそうだ。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら