昨季はプレミアリーグを優勝したリヴァプール。しかし2020-21シーズンは怪我人の続出にも苦しめられ、チャンピオンズリーグ出場権獲得も厳しい状況となっている。

その結果を受けて夏にはチームのオーバーホールが行われると伝えられている。『Liverpool Echo』によれば、7名の選手が売却の対象になっているそうだ。

オファーを受け付けている7選手は、ディヴォック・オリギ、ジェルダン・シャキリ、ハリー・ウィルソン、シェイ・オジョ、アドリアン、マルコ・グルイッチ、そしてベン・ウッドバーンであるとのこと。

そのうちウィルソンとオジョはカーディフ、グルイッチはポルトにローン移籍しており、このまま退団する可能性が高いという。

【写真】リヴァプールファンが期待すべき10名のヤングスターたち

また、ジョルジニオ・ワイナルドゥムについてはリヴァプールとの間の契約交渉がうまく進んでおらず、他のチームへの移籍を許さざるを得ない状況になりそうだとも。