39歳にしてスウェーデン代表に復帰したズラタン・イブラヒモヴィッチ。

ジョージアとのワールドカップ欧州予選に先発起用されると、ヴィクトル・クローソンの決勝ゴールをアシストする活躍を見せた。そのアシストシーンがこちら。

イブラは絶品の胸トラップでロングボールを収めると、すぐさま中央に折り返す!

ゴールが決まった後にはクローソンを含めたチームメイトたちと穏やかな笑顔で仲良く抱き合っていた。イブラは84分までプレーし、スウェーデンが0-1で勝利している。

【写真】現役Jリーガーも…「最悪のタトゥーを入れた11人のサッカー選手」

『expressen』によれば、イブラは試合後にこう述べていたそう。

ズラタン・イブラヒモヴィッチ

「最高の気分だった。まるで初めて代表戦でプレーしたような気持ちだったし、やる気が出た。

無観客だったのは残念だ。サポーターがいれば、全く違う雰囲気になっただろうからね。

国歌を聞くのは感情的なことだった。ヤンネ・(アンデション監督)と約束したので、俺も歌ったよ」

「ヴィクトルからは『後ろに僕がいる』という声が飛んだ。だから、見ずにボールを後に蹴ったのさ。そこに彼は立っていて、ゴールを決めた。とてもよかったね」

「(イエローカードの提示は)理解できない。

審判からは手を使ったと言われたが、俺はこんなの普通だと言ったよ。

相手が俺の半分の大きさだったら、手はどこに置けばいい?背中か?」

スウェーデンは29日にコソヴォとのW杯予選を戦う。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら