今年2月にラツィオとプロ契約を結んだDFロマーノ・フロリアーノ・ムッソリーニが、今回トップチームに昇格したとのこと。

ロマーノ・フロリアーノ・ムッソリーニは、かつてイタリアで活動した共和ファシスト党の党首ベニート・ムッソリーニ氏の曾孫にあたる選手。

ベニート・ムッソリーニの三男である音楽家ロマーノ・ムッソリーニの次女アレッサンドラ・ムッソリーニの息子が、ロマーノ・フロリアーノだ。

ロマーノ・フロリアーノ・ムッソリーニは今年18歳になる右サイドバック。ラツィオの下部組織で育成され、今年契約を結んでU-18チームに加入。

そしてU-18、U-23でのプレーが評価されたことにより、今回2024年までのプロ契約をあらたに結び、トップチームに合流することになったという。

【写真】統計から見る、最高の可能性を持つ若手30名…トップは意外な名前

本人は全くムッソリーニという名前を気にしていないことを明かしているが、ラツィオのファンは政治的に極右思想を持っている者も多く、何らかの影響を及ぼすことも懸念されているそう。

9/29(水) 19時00分~ 生中継!川崎フロンターレvsヴィッセル神戸