インターナショナルマッチウィークのため、各クラブの有力選手たちはそれぞれの代表チームから招集を受けている。

バイエルン・ミュンヘンFWエリック・シュポ=モティングは今回招集外となったのだが、実はカメルーンサッカー連盟がありえない伝達ミスをやらかしていたとか。

『Bild』によれば、当初の招集リストにはシュポ=モティングも含まれていたものの、彼がそのレターを受け取ることはなかったそう。

カメルーンサッカー連盟はシュポ=モティング宛にメールを送付したと思い込んでいたが、実際には自らのアカウントに送っていたんだとか…。その結果、アントニオ・コンセイソン代表監督はシュポ=モティングが招集に応じなかったと勘違いしてしまったとも。

【動画】内田篤人ともプレー!シュポ=モティング、シャルケ時代の鬼ヘッド

シュポ=モティング本人も「どうなっているのかを把握するために連盟から連絡があった。自分はバイエルンに確認したが、彼らは招集レターを受け取っていなかった。どうやら間違ったメールアドレスに送ってしまい、月曜日までそれに気付かなかったようだ。プロ意識が欠けている」と語っていたそう。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら