来年に迫っている2022年FIFAワールドカップ。これまで同大会は基本的に4年ごとに開催されてきた。

ただ、アーセン・ヴェンゲル氏は2年ごとにしてもいいと考えてるようだ。『BBC』によれば、こう述べたという。

アーセン・ヴェンゲル

「W杯のチームを見ると、通常、平均年齢は27,28歳だ。

W杯は4年ごとなので、もう一度勝つチャンスはほとんどない。次の大会では32歳か33歳になっているからね。

だからこそ、我々はW杯を2年ごとの開催にするべきかもしれない」

選手にとって4年という期間はあまりに長いということのようだ。

【写真】歴史を感じる…W杯で最も「象徴的な」11のユニフォーム

また、ウェンゲルは、W杯とEUROを2年ごとの開催にしつつ、ネーションズリーグなど他の国際大会はなくすべきとも考えているとか。

そのうえで、選手たちに休みを与えるためにも予選などの代表戦スケジュールは10月と2月だけに圧縮するのがいいとも述べている。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら