今季チェルシーに加入したドイツ代表FWティモ・ヴェルナー。

ここまでプレミアリーグ28試合で5ゴールに留まっており、本人も適応に苦労していると認めている。

そうしたなか、トーマス・トゥヘル監督の発言が話題になっている。会見で「ヴェルナーがハッピーではない、ドイツに帰るという話を読み続けているけれど…」と質問した記者の話をさえぎると、笑顔でこう答えたのだ。

トーマス・トゥヘル(チェルシー監督)

「読むのを止めなよ、読むのを止めな、読むのを止めるんだ(笑)。

いったい何を読んでるんだい?読むなら本にしなよ。

(記者がヴェルナーの本を読んでると答えると)

ヴェルナーについての本はない(笑)。だから、本を読みなよ!

今の彼がイラつく理由はないと思う。

リヴァプール戦で素晴らしい試合をしたからね。加入後、彼がやった最高の試合だったかもしれない」

「現時点では彼が不満になる理由は見つけられないよ。正直、ここにいる誰もがこのストライカーを批判していない。

攻撃も守備もチームの努力だが、選手たちにはより多くのチャンスを作ること、より決定的になることを期待している。

DF陣には最高レベルでのプレーを期待しているし、ストライカーたちにも同じことを期待しているからね。

そうしたら、あなたが読んだものは全て消えるだろう」

トゥヘル監督は、まともな本を読書すべきと述べ、ヴェルナーがチェルシーを退団したがっているという話を文字通り一笑に付していたのだ。

【動画】全然キレてない…!トゥヘル監督の「本読みな」発言シーン

なお、指揮官も記者も笑っており、決して険悪な雰囲気ではなかった。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら