3月3日に行われたJリーグ第11節。AFCチャンピオンズリーグに出場するクラブが前倒しで試合を行うミッドウィークのスケジュールだ。

川崎フロンターレはホームにセレッソ大阪を迎えての一戦。大久保嘉人に2ゴールを許すなど常に追う展開となったが、後半に試合を決めたのは三笘薫だった。

62分、左サイドでボールを持つと、華麗なエラシコで一人抜き、強引に行きたくなるところであっさりワンツーを選択!

【動画】停止からのエラシコ、そしてワンツー。緩急がすごい

ゴール左に抜け出した三笘は左足で冷静に逆ポストへと流し込む…なんと見事だ。クールすぎるぞ。

この得点で3-2と勝ち越し、昨年の王者川崎フロンターレが厳しい展開の中でも3ポイントを奪うことに成功している。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】