マンチェスター・ユナイテッドとの契約が2022年までとなっているポール・ポグバ。

昨年末、彼の代理人であるミーノ・ライオラが「ユナイテッドで不幸なポグバは今夏に退団する」という趣旨の発言をしたことが物議を醸した。

そのライオラは『BBC』のインタビューで騒動についてこう釈明した。

ミーノ・ライオラ

「自分はただ意見を述べただけだ。いかなる問題も引き起こしたくはなかった。

誰も動揺させることはなかったと思う。彼ら(ユナイテッド)は素晴らしい戦いをしていたし、当時はリーグ首位でもあったからね。

ポグバのような大物選手や人生で全てを勝ちとったスールシャールのような人間がミーノ・ライオラの言ったことに動揺するか?

頼むぜ、まったく。だが、もうこの件については話さない。人生が少し退屈になるが、そういうことだ。

いつだって俺が意見を言うとイングランドの人間は凶暴になる。

俺は最悪のエージェントだったり、最高のエージェントだったりする…。

クラブは一般大衆やジャーナリストから強いストレスを受けている。俺はこの件についてあまり喋らないことを学んだよ」

【動画】これは超レア!?動くライオラさんの姿

自分の発言でポグバやスールシャールが動揺することはないだろうとしつつ、もうあまり喋らないことにしたようだ。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら