ジャック・グリリッシュの怪我についての内部情報が流出したアストン・ヴィラは、選手やスタッフたちに「ファンタジーフットボール」のプレイ禁止令を通達した。

「ファンタジーフットボール」は実在選手の現実世界での成績がゲーム上に反映されるシミュレーションゲーム。ユーザーが各チームから選手を獲得し、活躍度合いによって得られるポイントを集めていくというものだ。

ヴィラの上層部は「ファンタジーフットボール」のアカウントからグリリッシュの欠場情報がリークされた可能性を懸念しているという。

そうしたなか、『Daily Mail』によれば、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督もチームの害になるようなものは止めるべきだと主張したという。

ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)

「選手たちがそういうゲームをプレイしていることは知っている。

ただ、『ファンタジーフットボール』が何なのかは分からない。私は一度もプレイしたことがないし、昨日初めて聞いた。

(試合に向けた)メンバー選考をした時に選手たちが他のチームにいる友人たちと話すことはある。時々起きるものだ。

信じられないくらい非道徳かつアンプロフェッショナルだが、全てをコントロールすることはできない」

【動画】プレミア公式もある!『ファンタジーフットボール』のプレイ動画

内部情報を他チームに流す選手は、道義に反しているし、プロにふわさしくないとしつつ、何から何まで全てを制御下に置くことはできないとも述べていたそう。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら