セリエAのサンプドリアで主力として起用されている吉田麻也。2-1で勝利した第22節フィオレンティーナ戦にもフル出場した。

高校時代から吉田を知る内田篤人は、サイドバックにはバックスピンのかかったパスを出せと常に要求していたそう。

その内田はDAZNで配信されている冠番組『Atsuto Uchida's FOOTBALL TIME』で、ヴィオラ戦での吉田のパスをチェック。

サイドバックへパスを出したシーンでは「んあぁ!もう浮いてるわ、ボールが。あんなの来たら、俺はもう…。このパスも緩いから、もっと足元にパーンって。麻也、見てるよ、俺はちゃんと」と辛めの評価に。

ただ、自陣内から左奥に見事なロングフィードを通すと、「これは良かったのよ、このサイドチェンジはよかった」と賞賛。また、そのシーンでピッチ上に鳩の群れがいたため、「ほら、鳥も喜んでるわ。祝福しているね、鳥も」とボケてもいた。

【動画】内田篤人が解説する吉田麻也のパスシーンに大爆笑する影山優佳

ゲスト出演した影山優佳さん(日向坂46)は「めっちゃ鳥が…あれはわりとあるあるなんですかね?」と内田に質問。すると、内田は「いや、俺ドイツの時にあそこまではなかったけど…いや、ユース時代はあったよ。となりに牛とか、犬とかはいたよ。インドとか行ったときは。コーナーフラッグに首輪つなげてんじゃねえのかくらいの近くに」と答えていた。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら