12月末にフランス・リーグアンのナントで監督に就任したレイモン・ドメネク氏が、早くも解任されたとのことだ。

ナントは10日にクプ・ドゥ・フランス(フランス杯)でRCランスと対戦し、2-4で敗北している。

『L'Equipe』の報道によれば、この試合の結果を受けてナントの経営陣はレイモン・ドメネク監督の解任を決断。現地時間の午後5時15分に監督へ通知されたとのことだ。

2004年からフランス代表監督を務め、2006年ワールドカップ、EURO2008、ワールドカップ2010で指揮を執ったことで知られるドメネク氏。

2010年の大会でグループステージ敗退に終わったことで解任されたあとは10年ほど現場から離れていたが、12月末にナントと契約して指導者に復帰していた。

しかし、それからのリーグアン7試合で結果は4分け3敗。カップ戦も含めれば4分け4敗と未勝利となり、残留プレーオフ圏内となる18位までランキングを下げていた。

【写真】「タイトル獲得直後に退任」になった悲しき監督たち

なお、後任の監督はすでに決定していると伝えられており、かつてPSGやギャンガン、ディジョン、トゥールーズを率いたアントワーヌ・コンブアレ氏が就任するという。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】