PSVやバルセロナ、シャルケなどでプレーした元オランダ代表MFイブラヒム・アフェライ。

『NOS』によれば、34歳になった彼が現役からの引退を決断したとのこと。

アフェライは昨夏にPSVを退団して以降、無所属になっていた。国外への魅力的な冒険を望んでいたものの、このタイミングで止める決断を下したという。

【画像】美の暴力…サッカー史上最強の「貴公子」イケメン10名を選んでみた

「望んでいたものはやってこなかった。でも、僕は安らかな気持ちでいるよ。遅かれ早かれこの瞬間はやってくる」などと語ったそう。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら