シャペコエンセの選手たちが乗った飛行機がコロンビアで墜落し、元Jリーガーのケンペスら多くの命が失われる悲劇があったのは2016年のことだ。

このほど、ブラジルのサッカーチームの選手たちが搭乗していた飛行機が墜落する事故が再び起きた。

『Globo』によれば、この墜落事故でブラジル4部パウマスの会長と選手4人が死亡したという。

事故が起きたのは現地日曜の朝。選手らは25日に行われる試合のためにゴイアニアに向かうはずだったが、飛行機は離陸直後に墜落した。すでにブラジルサッカー連盟は試合の延期を発表している。

【閲覧注意】跡形もない…墜落後に炎上する事故機の映像

亡くなった4人の選手は23~28歳と若く、彼らは今年チームに加入したばかりだったそう。また、同じく死亡した会長も32歳という年齢だった。

ブラジルの航空登録局によれば、6人乗りのこの機体はエアタクシーサービスの認可が下りていなかったという。ただ、機体を保有していたのが建設会社なのか死亡した会長なのかなどまだ情報が錯綜しているようだ。