先日ついにアーセナルを離れることが決定し、トルコの名門フェネルバフチェに加入することが決まったメスト・エジル。

アーセナルとの契約はまだ半年間残っていたものの、それを解除する形でフェネルバフチェにフリーで加入することになった。

【動画】激しい歓迎を受けたエジル

『The SUN』によれば、エジルはこのフェネルバフチェ加入にあたり、なんと「80%の減給」という条件を飲んだのだそう。

アーセナルでは週35万ポンド(およそ5000万円)と言われる巨額の給与を受け取っていたが、フェネルバフチェからは週6万5000ポンド(およそ900万円)しか約束されていないという。

これは、アーセナルに所属するセドリック・ソアレスが受け取る週7万5000ポンド(およそ1100万円)よりも少ない額で、エジルにとってはなんと80%以上も給与が下がる取引だったようだ。

ただ、エジルにはボーナスも約束されており、クラブが優勝したら追加で44万5000ポンド(およそ6300万円)、チャンピオンズリーグに出場すれば22万2000ポンド(およそ3200万円)が支払われるとか。

三笘薫とユニオンが止まらない!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら