ポルトからUAEのアル・アインへレンタル移籍することが決まった中島翔哉。

10番を託されたポルトでの戦績は37試合で1ゴール4アシストだった。

現地では、クラブやセルジオ・コンセイソン監督との齟齬があったとも伝えられている。『A Bola』などによれば、そのコンセイソン監督は中島についてこう述べたという。

セルジオ・コンセイソン(ポルト監督)

「彼には何度かチャンスがあった。

慣れていない選手、ポテンシャルを発揮できない選手がいる。それは彼らのせいかもしれないし、私のせいかもしれない。

才能を発揮できる選手もいる。加入後すぐに適応して驚かされることもある。

それは選手のキャラクターに依存する。

中島は非常に礼儀正しい選手だった。面倒な選手ではない。

ただ、彼はポルトのようなクラブに慣れていなかった」

不慣れなままクラブに適応できなかったということのようだ。

【動画】中島をピッチ上で叱責したコンセイソン監督の公開説教シーン

アル・アインへのローン移籍には4000万ユーロ(50億円)での買い取りオプションが付随しているとも伝えられている。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら