アーセナルからフェネルバフチェへの移籍が決定的になったメスト・エジル。彼は2018シーズンからガナーズの10番を背負っていた。

そうしたなか、アーセナルFWアレクサンドル・ラカゼットとピエール・オーバメヤングがエジル退団後の10番についてジョークを飛ばしていたとか。

ラカゼットは自分とオーバメヤングが指を向け合う画像をInstagramのストーリーに投稿。そこには「2人とも10番が欲しい時」とのメッセージも記されていたのだ。

これにオーバメヤングが「どうぞどうぞ」と絵文字入りで返信するとラカゼットは「エジル、大事にするよ」とこちらも絵文字入りで返していた。

アーセナルでは9番のラカゼットだが、リヨン時代は10番を着用。彼は10番と記されたエジルのトレーニングウェアを着て「本物の10番。エジル、ごめんよ」というジョーク交じりの投稿をしたこともある。

ラカゼットは10番への思い入れがあるようだが…。

【写真】なぜ??サッカー史上に残る、背番号「10」に違和感があった7名

なお、アーセナルの10番はエジルの他にデニス・ベルカンプ、ウィリアム・ギャラス、ロビン・ファンペルシー、ジャック・ウィルシャーらがつけている。