16日に行われたイタリア・セリエAの第12節、ユヴェントス対アタランタの試合でスゴイゴールが決まった。

先制したのはユヴェントスで、前半29分にフェデリコ・キエーザが右足で強烈なミドルシュートを叩き込む!

【動画】甲乙つけがたし!どっちもすごい

そして前半終了が近づいた43分にはアタランタのレネ・フロイラーが右足でドロップシュート!クロスバーに当たってゴールに吸い込まれた。

この2本のシュートで点を取り合った両チームはこのまま1-1で痛み分けという結果に。ユヴェントスは首位ミランとの差が4に開いたため、やや悔しい引き分けになった。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名