世界中で新型コロナウイルスの感染者数が増加している。

本格化する冬を前に日本でも新規感染者数が増加傾向だ。しかしヨーロッパでは、日本以上に状況が差し迫っている。

そんな中、シント=トロイデンVV(以下、STVV)がファントークンの発行を発表した。

なぜ今ファントークンを発行するのか、現地ベルギーでのコロナの状況はどのようになっているのか、STVVの村田晋之佑氏に話を伺ってみた。

取材日:2020年11月19日取材協力:STVV

STVVの村田晋之佑氏

(STVV村田晋之佑氏 画像提供:STVV)

STVVがファントークンの発行へ

―まずファントークンの存在を知った時期について教えていただけますか。

今年の初め、2月か3月にFCバルセロナでトークンが発行されて、こんなものがあるんだということを知りました。

自分でもアプリをダウンロードして遊んでみて、これは面白いなというところで、ユーザーとして使ってみました。

―実際にアプリを使われてみて、どのような印象をお持ちになりましたか。

ビジネスモデル全体の印象として、サッカークラブのファンエンゲージメントの難しさというのは、日々マーケティング活動を通じて感じているところですので、そういった課題を解決しつつ、顧客に対してもフレンドリーな設計になっているなと思いました。