日本人選手たちもプレーするスペイン1部リーグ。第13節ではセビージャが敵地でのヘタフェ戦に0-1で勝利した。

Optaによれば、セビージャは枠内シュート0本でリーガのアウェイマッチに勝利した初のチームになったそう(Optaが計測を始めた2003-04シーズン以降)。

枠内シュートゼロでどうやって得点を奪ったのか不思議に思うが、決勝点は相手のオウンゴールだった。

後半36分、スソのクロスをヘタフェDFシャビエル・エチェイタが自らが守るゴールに頭で押し込んでしまった…。

【動画】枠内シュート0本だったのに…崩れ落ちた痛恨オウンゴールシーン

エチェイタは思わずピッチに崩れ込んでいたほど。この日のセビージャはポゼッション75%と相手を圧倒していたのだが、枠内シュートはゼロだったようだ(シュート自体は8本)。

『Marca』によれば、ヘタフェのホセ・ボルダラス監督は「言い訳ではないが、2つのPKが見逃された」と嘆いていたとか。ヘタフェはこれで7試合勝ちなしとなってしまった。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】