心筋梗塞の影響もあり、現役から引退した元スペイン代表GKイケル・カシージャス。

レアル・マドリーのレジェンドだった彼は宿敵バルセロナのチャビ・エルナンデスとも良好な関係にあった(そのことが当時のジョゼ・モウリーニョ監督の怒りを買ったとも)。

『Marca』によれば、チャビは『Movistar+』が放送しているカシージャスのドキュメンタリーシリーズでこんな話を明かしていたそう。

チャビ・エルナンデス

「(心臓発作を起こしたという)ニュースを聞き、彼がInstagramでアクティブなのを確認した。

『イケル、お願いだ。大丈夫だと言ってくれ』とメッセージを送ったんだ。

彼がいつものように僕をからかったので安心したよ。

彼は『こんな感じだった』というメッセージと一緒にスカルの絵文字を送ってきたのさ(笑)」

【写真】「インスタをフォローすべき最高にオシャレなサッカー選手」

深刻な状況だったはずのカシージャスだが、骸骨の絵文字を送るおふざけでチャビを安堵させていたとか。彼なりの親友に対する気遣いだったのかもしれないが。