UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ最終節で激突したバルセロナとユヴェントス。

リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドはピッチ上で再会を果たした。仲良くハグをしていた2人だが、ロナウドがメッシのボールをかっさらうシーンも話題になっている。

メッシがDFレオナルド・ボヌッチを股抜きで突破した直後、守備に戻っていたロナウドがメッシのボールを後ろから奪い取ったのだ。

ロナウドが相手のペナルティエリア内でボールを奪うシーンなど見たことがない…。

海外のファンたちは「ロナウドはメッシのやることを分かっている、いい守備だ」、「ロナウドはメッシがボヌッチを壊すことを確信していた。だから、彼はメッシが股抜きする前から走り出している」、「現実世界の大空翼vs日向小次郎」、「ロナウドはCBとしても最強」などと反応していた。

【写真】美の暴力!サッカー史上最強の「貴公子」イケメン10名

なお、試合はロナウドのPK2発などで、ユーヴェが0-3で勝利している。