UEFAネーションズリーグでファイナルズ進出を決めたフランス代表。

ディディエ・デシャン監督のブラックリストに入っていたアドリアン・ラビオだが、ユヴェントスでの活躍によってついに代表での地位を確立した。

一方、いまだにフランス代表から干されているのが、マンチェスター・シティDFエメリク・ラポルト。

2019年9月に代表招集された際には直前の重傷でまたも代表デビューできず。26歳になったが、いまも代表キャップはないままだ。

昨年9月以降、デシャンと彼は一度も話していないという。『Sky Sports』のインタビューでラポルトがこう明かした。

エメリク・ラポルト(マンチェスター・シティDF)

「(代表にデビューできない)理由は自分にも分からない。

最後に彼と話したのは怪我をした時だ。それ以降は何もない」

怪我から戻ってきたラポルトは今季5試合に出場。リヴァプールとの決戦にもフル出場している(以下動画5分20秒~)。

 

サディオ・マネがラポルトの目の前でやったヒールスルーパスは仰天だった。

そのラポルトはペップの契約延長には喜んでいたそう。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら