プレミアリーグで5試合勝ちなしと厳しい戦いが続く16位ブライトン。2-1で敗れたトッテナム戦ではエースFWニール・モペがベンチ外になった。

グレアム・ポッター監督は「戦術的な理由」とだけしか言及しなかったが、『Telegraph』によれば、本当の理由は違うという。

アーセナル戦でマッテオ・グエンドゥージから首絞めされたことで話題になったモペは、個性が強いことでも知られている。

昨季プレミアリーグで10ゴールを記録した彼は今季も4ゴールをマーク。マンチェスター・ユナイテッド相手にも相手をあざ笑うようなゴールを決めている(以下動画1分32秒~)

ダビド・デヘアをあざ笑うにくらしいパネンカ!

ただ、モペは天狗になっており、練習場でチームメイトと喧嘩沙汰を起こしたともいわれている。

ポッター監督はコントロールできなくなる前に自制を促すとともに、チームよりも重要な選手はいないことを思い起こさせるために今回の措置を下すことにしたようだ。

そのうえで、指揮官はモペが今回のメンバー落ちに対していい反応を見せてくれることを期待しているそう。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】