プレミアリーグ第6節、マンチェスター・ユナイテッド対チェルシー戦はスコアレスドローに終わった。

現地で物議を醸しているのが、ユナイテッドDFハリー・マグワイアのプレー。ペナルティエリア内で相手DFセサル・アスピリクエタを掴んだのだが、チェルシーにPKは与えられず。VARのチェックも入ったが、ファウルとは認められなかった。

『BBC』によれば、チェルシーのフランク・ランパード監督は不満をぶつけていたという。

フランク・ランパード(チェルシー監督)

「あれは明らかなPKだった。ホールディングは許されるが、ヘッドロックは認められない」

「(プレーが)起きた時点では立っているところから見えなかった。

ピッチ上のレフェリーにとっては難しい判断だったが、VARはすぐに却下したと思う。

彼らは時間をかけて、レフェリーにピッチ脇のモニターで確認するよう助言するべきだった。

もしレフェリーがモニターで見ていれば、PKを与えただろう」

ランパード監督がヘッドロックと評したように、マグワイアは相手の首に手をかけている。

“ソフト”な締め方だったようにも見えるが…。

なお、チェルシーはこの試合でもGKエドゥアール・メンディを起用。リーグ戦のアウェイマッチでクリーンシートを記録するのは、2018-19シーズンの最終戦以来だった。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら