今週から始まったUEFAヨーロッパリーグ。トッテナムはホームでのLASKリンツ戦に3-0で勝利した。

2点のリードで迎えたハーフタイムの時点でチームには余裕があったようだ。『football.london』によれば、ジョゼ・モウリーニョ監督がこんな裏話を明かしていたそう。

ジョゼ・モウリーニョ(トッテナム監督)

「ハーフタイムに笑い合っていたよ、全員が彼をジダンと呼んでいた。

とてもよかったけれど、ルーレットはもう2度としないでくれ!

彼はとてもいい選手さ、よきリーダーだし、キャプテンマークを巻いていないキャプテンだ」

モウリーニョが言及したのは、今季加入したデンマーク代表MFピエール・ホイビュア。

この試合ではジネディーヌ・ジダンばりのマルセイユルーレットを決めるシーンがあり、チームメイトたちの間でも話題になっていたようだ。ただ、モウリーニョ的にはもうやらないで…という思いのようだ。

そのホイビュアはプレミアリーグ開幕5試合にフルタイム出場。壮絶試合となったウェストハム戦でもチャンスを演出している(以下動画2分9秒~)。

中盤のいい位置でボールを受けて素早くさばく!

25歳の彼はもともとはバイエルン・ミュンヘンで育成された選手でもある。