いよいよ今週から始まった2020-21シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ。グループFではCLに戻ってきたラツィオとドルトムントが激突した。

昨季のCLで一気に大ブレイクした怪物FWアーリン・ホーランは今季もいきなりゴールをマーク。無慈悲だった豪快シュートがこちら。

ジョヴァンニ・レイナのグラウンダークロスを豪快にぶち込む!GKがノーチャンスのコースに突き刺しているが、しっかりシュートを抑えているのもさすが。

そして、相手守備を切り裂いた17歳レイナの精密クロスも完璧だ。

ホーランはドルトムントでの25試合で22ゴールを記録。ただ、チームは3-1で敗れている。

【関連記事】ドルトムントの「お買い得補強選手」ベスト10

CL公式によれば、マルコ・ロイスは「僕らは前半のほとんどで寝ていた。それは説明できない。批判は受け入れなければならない」と嘆いていたそう。

一方、古巣相手にゴールを決めたラツィオFWチーロ・インモービレは「エモーショナルな夜だった。CLでプレーするまで長くかかったからね。僕らはパーフェクトな試合をした、嬉しいね。ドルトムトは素晴らしいので、僕らは素晴らしいパフォーマンスをする必要があった」と喜んでいた。