2013-14シーズンにはイタリア・セリエAを戦っていたことで知られているリヴォルノが、破産寸前の状態になっているようだ。

1シーズンでセリエBに降格した後は成績が振るわず、今季はセリエCに所属。さらに経営状態も厳しく、今季はクラブの確実性を保証する資金を用意できていないとのこと。

セリエCは9月27日に開幕しており、開幕戦でリヴォルノはアルビノレッフェに対して0-0と引き分け。これまでの3試合で2分1敗と苦しい結果となっている。

『Sky』によれば、現状の経営状態が続いて保証金が支払われない状態となれば、早ければ明日14日には全選手の契約が解除されるという。

臙脂色のユニフォームが印象的なリヴォルノには、これまでクリスティアーノ・ルカレッリやフランチェスコ・タヴァーノ、イゴール・プロッティ、アレッサンドロ・ディアマンティなどの名選手が所属してきた。

【関連記事】時代を考慮した「本当の歴代最高額移籍」ランキング

残念ながら現状では経営を改善させられる決め手はなく、試合が行えなければ破産、そしてクラブ消滅の可能性もあるそうだ。