レアル・マドリーの生え抜きとして、キャプテンを務めるなど絶対的地位にあったイケル・カシージャス。だが、ジョゼ・モウリーニョ監督との仲違いなどもあり、2015年にポルトへと移籍していった。

『Gazzetta dello Sport』のインタビューでレアルを去った理由をこう明かしたという。

イケル・カシージャス

「当然ならがら、デビューから引退までを同じクラブで過ごすのは美しいストーリーだよ。でも、サッカー界では何が起きるか誰にも分からない。

世界最高のクラブのひとつでプレーしている時、退団する事を考えるのは難しい。

でも、35歳だった自分は変わることへの欲求を感じていた。

ポルトはレアルが提示しなかったものをオファーしてくれた。だから、僕は違う国に行ったんだ」

何かを変えたいという思いがあったので、違う国でのチャレンジに挑むことにしたようだ。

そのカシージャスはポルトでもこんな超絶セーブを見せている。

超絶反応はポルトガルでも健在だった!

【関連記事】「愛されながらも、クラブと別れることになった10人のレジェンド」

39歳になったカシージャスは今夏で現役を引退。心臓発作に見舞われた際に真っ先に連絡をくれたモウリーニョとは和解したほか、レアルとも和解している。