今夏、レヴァークーゼンからチェルシーに移籍したドイツ代表MFカイ・ハヴァーツ。移籍後5試合で3ゴール1アシストを記録している。

クラブ公式サイトでブンデスリーガとプレミアリーグの違いについてこう述べた。

カイ・ハヴァーツ(チェルシーMF)

「難しかった、特にプレミアリーグはまったく違うリーグだからね。

よりインテンシティがあると最初の数試合でそれに気付いた。

最近はかなりうまくいっているけれど、まだまだ成長できるポテンシャルがある。

今後数週間、数か月でそれを最大限利用したいね」

「(リーグカップのバーンズリー戦での)ハットトリックは自分にとってよかった。

5,6日しかチーム練習をせずに最初の試合をプレーしたので、加入直後はちょっと難しかったね。

家族のもとを離れ、慣れ親しんだ環境から去るのもとても大きなステップだった。ちゃんとなるまでには時間がかかる」

「(プレミアリーグの)デュエルでのシンテンシティやランニングは強烈だ。

完全に違うリーグだし、ここでの試合は物凄く疲れる。

ブンデスリーガも悪くないけれど、違いに気付いた。

ここには平均的(レベル)の選手や悪い選手はいないように思える。誰もが非常にハイレベルだ」

そのハヴァーツがプレミアリーグで記録した初アシストがこれ(以下動画1分36秒~)。

ワンツーだけで相手を破壊!

【関連記事】プレミアリーグ「この10年で最悪の補強」ワースト10

まだプレミアリーグでは得点のないハヴァーツ。今後数か月で爆発となるだろうか。