オランダに遠征して今年初の代表戦を戦っている日本代表。

カメルーンとの親善試合は0-0のスコアレスドローに終わった。後半20分に投入された久保建英は代表初ゴールに迫る未遂シーンも。

角度のないところからのフリーキックでゴールを襲ったシーンがこれだ(以下動画2分25秒~)。

クロスが予想される位置だったが、GKが空けていたニアを急襲する強烈フリーキックをお見舞い!だが、バーに阻まれ惜しくも得点にはならず。

ちなみに、相手GKは久保と同じくバルセロナの下部で育成されたジョセフ・オンドア(24歳)。超人的な反射神経で危険なシュートを弾き続けるスーパーセーブメイカーで、GKアンドレ・オナナとは従兄弟の関係にある。

【関連記事】代表チームだと「固有の背番号」をつける有名選手たち

日本は13日(火)にコートジボワール戦を戦う。