今週から来週にかけて各地で行われるインターナショナルマッチ。

そうしたなか、ウェールズ代表FWハル・ロブソン=カヌは代表チームから除外されることになった

彼の所属チームであるWBAが腕の骨折が判明したため手術を受けると発表したのだ。

31歳のロブソン=カヌはサウサンプトンとのプレミアリーグ第4節に途中出場。試合中に腕を痛めたものの、交代枠が残っていなかったためそのままプレーを続けた。

本人は「残り20分プレーするのはひどい苦痛だったが、チームを10人でプレーさせることはありえなかった」とSNSに綴っている。

骨折していたロブソン=カヌのプレーがこちら(以下動画6分16秒~)。

前線から猛プレス!ただ、痛めた右腕は動かせないようだった。

ロブソン=カヌはFWながら背番号4を愛用している選手でもある。

【関連記事】なんで?背番号「4」を付ける10名の“攻撃的”サッカー選手

WBAはロブソン=カヌの投入直後に追加点を許して2-0で敗戦。今季のプレミアリーグは交代枠を3に戻しており、もし5つのままだったなら交代できていた。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら