今週から始まるインターナショナルマッチウィークを前にイングランド代表にある騒動が持ち上がった。

10月2日が23歳の誕生日だったチェルシーFWタミー・エイブラハムのサプライズ誕生日パーティーが土曜日に開催された。

そこにはベン・チルウェル、ジェイドン・サンチョら20人ほどが集まっており、Covid-19ルールに違反しているとして問題になったのだ。

『The Sun』がすっぱ抜いたそのパーティーの様子がこれ(動画はThe SUNに飛んで御覧ください)。

この騒動を受けて、サンチョはInstagramのストーリー上でこう謝罪した。

ジェイドン・サンチョ

「政府のガイドラインに違反したことを謝りたい。

出席者の人数は知らなかったけれど、自分の行動の全責任を負う。

ここから学んで、必ず前進する」

サンチョはドルトムントの直近2試合を欠場したうえ、練習も欠席していた。『Sky』によれば、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは非常に怒っていたという。

【関連記事】「2020年代にサッカー界を支配する」ヤングスター10名

また、『Guardian』によれば、サンチョ、エイブラハム、チルウェルはウェールズとの親善試合のメンバーからは除外される見込みだそう。