5日の移籍マーケット最終日、フィオレンティーナからユヴェントスへの期限付き移籍が決定したFWフェデリコ・キエーザ。

その契約は2022年6月30日までとなっており、5000万ユーロ(およそ62.3億円)を支払うことによって保有権を買い取ることができるオプションが付随しているとのこと。

しかし、フィオレンティーナとユヴェントスといえば、イタリア・セリエAで何度も遺恨を残してきたライバル同士。ファンの敵対心も強く、フィレンツェで行ったメディカルチェックを終えたキエーザにはこんな罵声が飛んでいた…。

病院から出てきたキエーザに、「Vergogna(恥だ)」「buffone(バカ野郎)」と声がかけられているぞ。

【関連記事】“禁断の移籍”が大成功し「英雄」となった5名のサッカー選手

ただ、近年はフィオレンティーナからユヴェントスに直接移籍した選手も数多く、ロベルト・バッジョ、フェデリコ・ベルナルデスキ、ヴァレリ・ボジノフ、フェリペ・メロ、ネトなどが取引されている。

【厳選Qoly】フランス代表「別の国にルーツを持つ伝説のスーパースター」10名