10月の移籍市場締め切りを前に動きが慌ただしくなってきた。

アーセナルはリヨンのフランス代表MFフッサーム・アウアールの獲得が濃厚になったとされている。

『Telefoot』によれば、アウアールはアーセナル入りに合意したという。リヨンとしてはバルセロナやユヴェントスのほうがよかったというものの、オファーはなかったとか。リヨンとアーセナルは移籍金額について話し合っているとのこと。

また、『tvi24』によれば、マンチェスター・シティはベンフィカのポルトガル代表DFルーベン・ディアスの獲得に迫っているそう。

23歳のディアスは長身ながら足元にも優れたセンターバック。安西幸輝も出場したポルティモネンセ戦では足でこんなゴールも決めている(以下動画1分12秒~)。

豪快なボレー!

【関連記事】ヴェンゲル監督が「ガチで取りに行った」けど取れなかった11名の超大物

移籍金は5000万ユーロ(61.3億円)ほどになるというが、シティDFニコラス・オタメンディが取引に含まれる可能性もあるようだ。