FCバルセロナは24日、「ルイス・スアレスがアトレティコ・マドリーに移籍する」と公式発表した。このあとメディカルチェックが行われ、それに合格次第正式な契約が結ばれるとのこと。

移籍金については、事前の報道よりもやや高額な600万ユーロ(およそ7.4億円)になったと発表された。ただし変動性であるとも書かれている。

2014年の夏にリヴァプールからバルセロナに加入したルイス・スアレス。これまでの6シーズンで13のメジャータイトル獲得に貢献した。

バルセロナで出場した283試合でなんと198ゴールを奪取し、クラブの歴史上でも3番目となる得点者となっている。2018年に選出されたそのTOP10ゴールがこれ。

本当にこんな形で放出してよかったのか…。

【関連記事】21世紀のバルセロナで「最高の選手」TOP10

なお、記者会見と送別セレモニーについては24日の午後12時30分(現地時間)から行われるとのことで、バルサTVでも中継されるそう。