プレミアリーグ第2節、チェルシーはリヴァプールとのビッグマッチに0-2で敗れた。

退場者を出した後に先制されると、GKケパ・アリサバラガの痛恨ミスで追加点を奪われてしまった。

ただ、同僚は彼を擁護したようだ。『Daily Mail』によれば、メイソン・マウントはこう述べていたという。

メイソン・マウント(チェルシーMF)

「僕らはケパが経験あるGKであることを知っている。

彼はどこを見て改善する必要があるのかを分かっているよ。でも、僕ら全員は彼の味方をするつもりだ。

全員がミスをする、僕もだ。

でも、さっきも言ったように、僕ら全員は彼の味方だ。全員でサポートする。

今は次の試合にフォーカスする必要があるので問題ない」

そのケパの痛恨ミスシーンがこれ(以下動画1分5秒~)。

DFクルト・ズマが余っていたのだが…。

【関連記事】「プレミアリーグ史上最低と評価された5人の悲しきGK」

チェルシーは24日にリーグカップでバーンリーと対戦する。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら