主力選手を相次いで放出するなど混迷状態にあるバレンシア。

そのなかで、韓国の天才イ・ガンインは開幕から2試合続けて先発出場している。

ただ、セルタとの第2節では味方選手と不穏な空気になるこんな場面があった(以下動画28秒~)。

フリーキックを蹴らせてもらえなかった彼はキッカーを巡って味方とバトルになっていたのだ。

エミル・ヴァスは彼からボールを取ると、それをホセ・ガジャに渡していた。

【関連記事】この15年で生まれた「NEXTメッシ」たち、今はどうなった

『Marca』によれば、イ・ガンインはこれに怒っていたそう。彼は前半だけで交代になっているが、ハビ・グラシア監督は前半終了前から交代を決めていたという。

試合後に指揮官は「プレースキックを自分たちでオーガナイズできなければ、我々にどんな未来が待っているか」などと述べていたという。懲罰交代的な意味合いもあったようだ。

なお、試合は1-2でセルタが勝利している。